JCBについて 日本発の国際ブランドJCBについて徹底的に解説。

日本のクレジットカードブランド JCB

JCBは、日本のクレジットカード会社で、世界のクレジットカードブランドの1つです。日本だけで見れば5,000万人ものカード所有者がいて、シェアNO.1です。

JCBの、以前の社名ジャパン・クレジット・ビューローのイニシャルを取ったものです。1978年に現在の社名であるJCBに社名変更しました。

JCBは日本国内では加盟店も多く強いのですが、残念ながら海外ではあまり使えません。しかし、日本人が多いハワイやグアムなどの観光スポットでは、JCBも問題なく使えるようになってきています。

また、それらの観光地にはJCBデスクもあるので、日本語で様々な相談ができ、トラブルなどの際にも安心です。レストランやホテルの予約など、JCBデスクは非常に使い勝手がよいので、ぜひ利用してみてください。

世界的にはVISAかMasterCardが一般的

JCBの加盟店数は、世界的にはVISA、MasterCardの加盟店数には全く及びません。そのため、海外に行く頻度が高い人や、日本人ばかりの観光地以外にも行くひとは、JCB1枚ではかなり不安です。VISAかMasterCardを必ず持って行きましょう。

ただ、最近ではJCBはアメックスと連携をかなり強めてきていて、アメリカでも日本でも、amexが使える店でJCBが、JCBが使える店でAMEXが使えるようになりつつあります。そのため、北米ではかなり使えるようになってきました。

JCBプラザは利用価値が高い

しかしそれでも、JCBカードは海外に持って行った方がいいでしょう。

海外の主要都市、観光都市にはJCBデスクがあります。旅行先で何らかのトラブルなどに巻き込まれてしまった場合でも、日本語で相談できるのは心強いです。

レストランやホテルの予約、ツアーの予約など、様々なことを電話一本でしてくれます。非常に便利なので、上手にJCBデスクを利用してみてください。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2007.7.21. Copyright(C)2007 クレジットカードの国際ブランド  - All rights reserved